博多名代吉塚うなぎ屋。ふっくらとした焼き上がりと香ばしい風味をご賞味下さい。

Tel:092-271-0700
Tel:092-271-0700

公式ブログ

2012年7月

☆裏メニュー☆

[ 2012/07/11 ]
こんにちわ~

今月はいい感じでブログがアップ出来ております♪
とはいえ、お店の方は、暑くなればなるほど、つまり夏の時期は本当に忙しいのですが・・・


本日は、“裏メニュー”をお教えいたします♪
、、、といいつつも、裏メニューという程ではありませんし、常連のお客様などは、お持ち帰りされたり、お食事前の酒の肴としてご注文されたりしているんですが、メニューには載せていないので、ふとご存知でない方にもお教えしたいと思いまして☆☆


その裏メニューとは・・・

半助です。

皆さんご存知でしたでしょうか?


これは、鰻を蒲焼にした時に、切り落とされる鰻の頭です。

店頭では100円単位でお持ち帰りもしておりますし、店内でお食事も出来ます。


当然頭なので、身はあまり付いておらず、しゃぶるように食べるのですが、お値段がかなり安く、お持ち帰りはビニール袋に山盛り入って100円でかなりの量になります。
そのまま蒲焼と同じ様に温めて酒の肴にしてもいんですが、、、
この半助は優秀で、色んな料理に使えるんです!!
(本来、蒲焼を使ったアレンジメニューなど、半助で代用する感じですね。やはり蒲焼は蒲焼のまま食べた方が、他の料理にアレンジしたら勿体ないですもんね。その点、半助であれば、ほぐした身なので、逆にアレンジした料理に向いてるんです。)


まず、買ってきた半助は、身の部分をほぐして取ります。
頭には硬い骨もありますので気をつけながら、柔らかな頭周りの身を綺麗に取り、またシッポも入っていますので、シッポの先のコゲを切り落として、集まった身を冷凍保存をすると、いつでも使えるアイテムに早代わり☆☆

これを、、、、
■出汁巻き卵で巻いたうまき
■ちらし寿司の上に散らして、贅沢な鰻のちらし寿司に変身!!
■そうめんの上に乗せて、これまた贅沢な鰻ちらしそうめん
■おこわの中に入れて、鰻おこわ
(※こちらは中州祭り限定で出していますが、大変人気なんです!)

他にも色々使い道は沢山!!
簡単な料理に付け合せるだけで、贅沢な料理に変身するんです♪

是非試してみて下さい♪♪



今年の丑の日は、、、

7月27日です。

7月27日 土用の丑の日ぃぃ!!!!

[ 2012/07/06 ]



いよいよ本格的に暑くなり、夏がやってきましたね♪♪

そんな時に食べたくなるのがやっぱり蒲焼!!

そして、今年の丑の日は7月27日です☆

大変ありがたい事に、新装開店した2009年そして翌年2010年は、本当に沢山の方が毎日暑い中をわざわざ並んで食べに来て頂き、その2年間の丑の日は早い時間に完売となってしまったくらいでした。

しかしながら、昨年2011年の夏は、2009,2010年のそんな長蛇の列を回避するがごとく、皆さん丑の日を避けて前日や翌日に分散して来られた為か、当の丑の日はというと、夏だというのに本当に終日ゆっくりした営業で、寂しい丑の日となってしまったんです。
鰻屋は夏が忙しい、その中でも丑の日は一番忙しい日であるにも関わらず、一番ゆっくりした日ではなかったかと思うほど・・・
翌日来られたお客様も「あえて丑の日を避けて翌日に来たのに、人が多いね!」とおっしゃる方が沢山いらっしゃいました。
「ち、、、、違うんです!!実は昨日の丑の日は、お客様の様に並ぶのを避けた方が多く、今日の方が昨日の丑の日より忙しいですよ!」
という会話を沢山のお客様としたくらいでした。

今年はどうなるでしょうか・・・

丑の日でなくとも、暑い季節になるとお席へのご案内にお待たせする事が増えるのですが、やっぱり丑の日に“う”の付くを食べて精をつけたいものですよね♪

私達従業員一同、協力お待たせすることなく、そしてお待ちいただく間も、出来るだけ快適にお待ち頂けるよう、心がけておりますので、是非、皆様のご来店を心よりお待ちしております!!

また丑の日当日は、外で蒲焼のみや、ご飯も一緒になったお弁当もご用意しております。

あまり並びたくない!もしくは自宅で食べてもよいという方は、こちらもお勧め致します。

そして、、、
お持ち帰りされた方に、蒲焼のお勧めの調理法!!

それは、単純な事なんですが、電子レンジではなく、トースターで温めるという事です。
電子レンジだと、ベタっとした感じの仕上がりで、当店の売りである、
「外はかりっ!と、中はふわぁっ~と」という蒲焼ではなくなってしまうのです。
(もちろん、それでも十分味わいはあるのですが・・・)

トースターであれば、鰻の脂がプツプツとにじみ出てきて、その脂で再度、外側がカリッとなるのです。もちろん、中もふわぁ~っとなるのですが、ここで注意するのが、焼きすぎです。
焼きすぎると、脂も出すぎますし、硬くなりすぎて、今度はふわぁ~っとが消えてしまうのです。
そんなに難しいことはありません。
だいたい3分前後くらいだとは思いますが、蒲焼からプツプツと脂が出てくるタイミングがありますので、そうなると食べ頃という事です。

とはいえ、やっぱり当店に足を運んで頂き、出来立ての美味しい蒲焼を食べて頂きたいのですが、お持ち帰りでも、十分に美味しい蒲焼をご堪能頂けまので、お持ち帰りの際は是非この方法でお試し下さい♪
(ちなみに、トースターが無い方は、魚焼きグリルや、アルミホイルを敷いたフライパンでも代用できるかと思います。レンジよりは美味しく仕上がると思います。)

そして、やっぱり、丑の日!!
この日ばかりは、並んででも、出来立ての美味しい蒲焼を食べて頂きたいものです☆


なにはともあれ、、、、

皆様のご来店を従業員一同、心よりお待ちしております。

 

CopyRight© 博多名代吉塚うなぎ屋 All Rights Reserved.